Lin-Designのこだわり

大量生産品にはない少量生産の造形美

stick_to_lindesign_01Lin-Designからリリースされている製品は1日に1個しか製造できないこだわりの逸品です。従来の金型による製造方法では1日に数千個単位で同じ成形品をつくることができ1個あたりの単価も安価にすることができますが、Lin-Design製品は弊社独自の製法のため製造に多くの時間がかかり多額の製造コストもかかります。しかし金型では決して作ることができないデザインの自由度が持て今まで見たことがないような形状の製品を作ることに成功しております。
大量生産した安価な一般品よりも、その価値を理解してくれる一部の人に長く使って欲しいというデザイナーの想いから生まれた製品の数々を是非ご体験下さい。

とことんこだわり抜いた素材

stick_to_lindesign_02Lin-Design製品は全てABS樹脂(プラスチック)を使って製造されております。当初の設計ではデザインを優先し素材にはこだわっていませんでしたが、様々な素材で試作サンプルを製造して樹脂素材の違いや、更には素材メーカーの違いによって完成品の精度に大きな違いが出ることを発見しました。最終的には高価な材料であればあるほど良いものができるという比例関係を導き出し、現在では信頼性の高い最高級のABS樹脂を使って製品を製造しております。

絶妙なクリアランス設計

一輪挿しシリーズでは内部にガラス管が挿入されております。筐体本体とガラス管とのクリアランスはキツすぎもなく緩すぎもない、ガラス管を手放しで出し入れすると空気の移動効果でゆっくりと滑らかに移動します。
ガラス管の個体差や筐体製造時の熱収縮まで全て計算されたデザインであるからこそできる神業なのです。この滑らかさは言葉で表現するのは難しく強いて表現するとすれば「ヌルっと」した感じです。思わず何度もガラス管を抜き差ししてしまう病みつきの感触に仕上げました。

ケースや梱包にもこだわっています

stick_to_lindesign_04Lin-Design製品は全て桐のケースに入って皆様の元へ届きます。箱内の製品はソフト素材で包まれペーパーパッキンで厳重に保護されております。桐の箱を開けてまず出てくる和紙にもご注目下さい。桐の箱には弊社純正品である証としてLin-Designの刻印が入っております。全てのLin-Design製品は届いた後に開封する作業もひとつの儀式として楽しむことができます。
桐箱に刻印されております書は、心書家アーティストによるオリジナルデザインで、一輪挿しの黒シリーズには「魂」の一文字、白シリーズには「心」の一文字が刻印されております。
※場合によって異なることあり

デザインから発送まで一貫して行います

Lin-Design製品はメイドインジャパンであることはもちろんのこと、社内で企画デザイン→製造検討→試作開発→製品製造→梱包→発送まで一貫して行っております。他の企業には真似できないスピード感で新製品をリリースできるのがLin-Designのアドバンテージです。